ウクレレ

ウクレレを知ろう

 

 

ウクレレってギターと何が違うの?そもそもウクレレってどんな楽器なの?
意外と簡単に弾けそうに見えるけどどうなのかな?
なんて、ウクレレにちょっと興味があるあなたむけに「ウクレレってどんな楽器なの?」をご紹介しましょう。

 

 

ウクレレは、小ぶりのギターのような形をしています。フレットがあって弦は4本です。
ウクレレといえばハワイアン!というようにハワイアン音楽に使われることが多い楽器です。
香取信吾さんや高木ぶーさんが演奏していたのを見たことがある!という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

ウクレレはハワイ特産のアカシアの一種(コアといいます)を使って作られたのが最初です。はじめてハワイでウクレレを創ったのはマヌエル・ヌナスという人。19世紀初めにポルトガル移民がハワイに持ち込んだ「ブラギーニャ」という楽器がハワイで進化しました。

 

「ウクレレ」という名前はハワイ語で「飛び跳ねるノミ」という意味。
ウクレレを弾いている人の指の動きから名前がついた、とか、その当時の人気奏者のあだ名がそのまま楽器の名前になった、ともいわれています。

 

ウクレレには4つの大きさがあります。
大きい順にバリトンウクレレ、テナーウクレレ、コンサートウクレレ、ソプラノウクレレといいます。
バリトンウクレレが低音、ソプラノウクレレが高音を担当しています。
ほかにはバンジョーウクレレやタロパッチ(弦が8本のもの)といった楽器もウクレレの仲間です。

 

日本で一番多いのがソプラノウクレレ。
小さくて軽いことから女性でも弾きやすく、比較的簡単に演奏で来て弦楽器のなかでも親しみやすいものです。

 

また、プロ仕様の高級なウクレレがある半面、気軽に買える値段のウクレレも多く販売されています。
手軽にはじめられる、ということも、ウクレレに人気がある1つの要因だといわれています。

 

 

ウクレレは手軽に始められる弦楽器なんです。よかったら気軽に手にとってはじめてみませんか?
楽器を始めるっていうとすごく身構えてしまうかもしれませんが、そんなに身構えなくても楽しめるのがウクレレなんです。ぜひ手にとってみてください!