ドラム

ドラム

 

 

「ドラムって太鼓のことでしょう?」…確かにそのとおりなんですが。ドラムと一口にいっても、基本的な原理はおなじでも、どんなジャンルの音楽で使うのかやどんな音を出したいのかによって少しずつ違ってきます。
ドラムの基礎知識、まとめてみました。

 

そもそもドラムは太鼓なんですが。どんな楽器なんでしょう?
木などをくりぬいてつくった胴に動物の皮や化学合成された素材でつくられたフィルムを張って、手や撥で叩いて音を出す楽器、とでもいえるでしょうか。
ドラムは、最初は時報や合図、ちょっとした連絡のために使う、という目的でつくられました。
お祭りなどの宗教儀礼で使われることも多いものでした。
それが時代が下り、音楽の中に取り入れられて今に至っています。

 

少し話が変わりますが、ドラムの胴とフィルムの素材についてお話しましょう。
ドラムの胴は、いろいろな素材でつくられます。
木製のものもありますし、金属製のもの、アクリル、カーボン…などなど、さまざまな材料でつくられます。
木製と一口にいっても、マホガニー、メイプル…など、さまざまな木が使われ、木の種類で少しずつ音色が違ってきます。
おおまかは、木などの天然素材は温かみのあるやさしい音(もちろん迫力もあります)、アクリルやカーボンなどの場合はパンチの聞いたアタックのある音、とされています。

 

フィルムは、天然のものであれば動物の皮が使われることが多いです。
大きな太鼓か小さな太鼓かで使う動物も違ってきますが牛の皮が使われることが多いようです。
最近はプラスチックなど化学合成された素材を使うことも増えてきています。
素材の他に表面の加工で「クリアヘッド」(表面がすべすべで滑らかなもの)と「コーティングヘッド」(表面がざらざらに加工してあるもの)の2つがあります。コーティングヘッドは、主にジャズで演奏にワイヤーブラシを使う場合につかわれるフィルムです。

 

ドラム、太鼓と聞いても、ロックバンドのドラムセットが思いつく人、和太鼓のステージを思い浮かべる人、オーケストラのティンパニーを思い出す人…といろいろでしょう。
でもそのぐらい、ドラムっていろいろな場面で活躍している、ということになるんでしょう。

 

ドラム記事一覧

ドラムの叩き方

ドラムを叩くって適当に叩いていれば音が出るから叩き方とかあるの、なんて見えるかもしれませんが。確かにドラムはバイオリンやトランペットとはちょっと勝手が違います。でも、もちろんドラムをいい音で叩く方法、っていうのはあるわけです。ドラムの演奏方法、紹介します。ここではドラムセットのなかのドラム、特に「ベ...

≫続きを読む

ドラムの練習のコツ

ドラムを叩いてみよう!と思っても、やっぱり練習が必要ですよね。もちろん、ドラムは「叩けば音が出る」ので、たとえばピアノやバイオリンといった、音を出すのに苦労する楽器を練習するよりはとっつきやすいと思いますが…ドラムの練習のコツをご紹介しましょう。そもそもドラムってどうやって練習するんでしょう?まず、...

≫続きを読む

電子ドラムについて

最近の技術の進歩で、いろいろな楽器が電子化されています。ピアノやバイオリンが代表でしょうか。そんな電子楽器のなかには、電子ドラムもあるんです。一時期不遇の時代もありましたが、最近は高性能な電子ドラムが販売されているんです。「電子ドラム」は、パッドをスティックで叩くと、その振動をセンサーがキャッチしま...

≫続きを読む

ドラムの種類について

ドラムってバンドなどの場合はドラムが1つではなく「ドラムセット」という形になっていることが多いですよね。あのドラムセット、一体どのようなドラムがセットになっているのでしょうか?ドラムセットの「中身」をご紹介しています。ドラムセットと一言でまとめてしまうことが多いかもしれませんが、「セット」なのでいろ...

≫続きを読む

ドラム初心者の練習・上達法

ドラム初心者だったら、「ドラムはたたけば音がでる」とはいえ、とりあえず練習しないといけないわけですよね。でも、ドラムの練習ってどうやってやるんでしょう…?ドラム初心者の人向け、ドラムの練習方法や上達方法など、まとめてみました。ドラム初心者だったら、まず練習する場所を確保しなければいけなくなります。自...

≫続きを読む