ウクレレ チューニング

ウクレレチューニングの方法

 

 

夏らしい音色といえばウクレレですが。
ウクレレはちゃんとチューニングしないで音が狂ったまま弾いているとたいへんなことになってしまいます。
曲が曲にならなくなってしまいますから。ウクレレのチューニング方法、ご紹介してみましょう。

 

 

 

ウクレレには4本の弦がはってありますね。4本それぞれチューニングしていきます。
ウクレレのチューニングは、1弦=ラ、2弦=ミ、3弦=ド、4弦=ソに合わせます。これがゴールというわけですね。

 

チューニングのやりかたは人それぞれあると思います。
使うチューナーの種類によっても違ってきます。
たとえば、クロマチックチューナーやマイク一体型チューナーを使うなら、どの弦から合わせていってもOK。
チューナーの音に合わせるか、マイク一体型のチューナーで音を拾いながら1つ1つ合わせていけばいいんです。
自分の耳でチューニングするのが苦手なら、最初のうちはマイク内臓のチューナーで目盛をみながら合わせるのがいいかと思います。
チューナーがなくても、iPhoneのチューニング用アプリや、マッキントッシュのGarageBandを使ったりするのもいいでしょう。

 

 

また、3弦の開放音(フレットを押さえないで出す音)をドの音にあわせます。
ほかの楽器(ピアノなど、チューニングが基本的に必要ない楽器)があるなら手伝ってもらえばいいですし、チューナーを使って合わせてもいいでしょう。
この3弦が基本にするので、丁寧にチューニングしてください。
そのあと、3弦の4フレットを押さえた音と、2弦の開放音を合わせます。
次に、2弦の3フレットを抑えた音と4弦の開放音をあわせてください。
最後に、4弦の2フレットと1弦の開放音を合わせます。
このように、1つの弦だけ合わせた後チューニングする方法もあります。

 

ただし、このようなチューニング方法は慣れと感覚が必要なものです。
何度か繰り返して、最初のうちはチューナーに助けてもらいながらチューニングするようにしましょう。

 

 

 

ウクレレを弾くのは好きなんだけれど実はチューニングが苦手で…なんていう人もいるかもしれません。
でも、チューニングはやってなれるしかないんです。何度も何度もやってれば、そのうち耳が慣れてくるものです。
チューニングがうまくなるコツは「失敗しても自分の耳でやること」でしょうね。