ウクレレ 弾き方

ウクレレの弾き方

 

 

誰でも比較的簡単に挑戦できる弦楽器であるウクレレ。
いちおうちゃんと「フォーム」っていうのが存在します。どんな楽器でも「きれいなフォームで弾くこと」が、きれいな音を響かせる一番のポイントなんです。

 

 

まず、ウクレレを持ってみましょう。
座って弾く場合と立って弾く場合がありますが…左手はどちらも構えが同じなのでまずは左手から。
手のひらを上にして、ネックを下から支えます。その時、親指はネックの後ろ、人差し指がネックの前にきますね。
親指と人差し指の間でネックを支える、という感じです。弦を押さえるときは力いっぱい押しつけないで、軽めに抑えるのがコツ。爪がのびていると押さえられないので爪は切った方がいいでしょう。
ウクレレを弾く時は、基本的に左手の小指はつかいません。

 

次に右手ですが。
まずは座って弾く場合。
猫背にならないように座りましょう。右腕でかるくウクレレを抱きかかえるようにします。
立って弾く場合は肩幅ぐらいに足を開いて体を安定させて、右腕でウクレレを抱えて安定させます。

 

右手で弦をはじいて音をだしますが、ウクレレは基本的にピックはつかいません。指で弾きます。
(曲によってはピックを使う曲もあります)
静かな曲を弾く時は親指の腹をつかってしずかなやさしい音をだします。
にぎやかに行きたいときは、4弦(上)から1弦(下)にはじいた後、そのまま1弦から4弦に戻る、という弾き方をします。

 

ウクレレの楽譜は「タブ譜」という形で書かれています。これは、
「弦の何フレット目をおさえたらいいのか」
を数字で書いてあるものです。見ればわかるので弾きやすいんですね。
しかも、だいたいコードの形が決まっているので、形を覚えてしまえば1曲できあがってしまうんです。
このように、楽譜がわかりやすいのも、ウクレレを親しみやすくしているんです。

 

 

 

楽譜も簡単、音を出すのも簡単、初心者でも今日から始めた人でもたのしめるのがウクレレ。
楽譜が読めなくて楽器をあきらめた、最初の音が1つでなくて挫折してしまった、なんていう人でも、ウクレレならきっと楽しめるはずですよ。