ウクレレえいじ

ウクレレえいじ

 

 

最近はウクレレが得意な芸能人も多くて、テレビでよくみかけたりしますよね。
高木ぶーさんといえばウクレレですし、SMAPの香取さんがテレビで演奏していたりもしています。
そんなウクレレ有名人のなかから、ウクレレえいじさんをご紹介します。

 

ウクレレえいじさんは、元々竹内えいじという芸名で活動していたお笑い芸人さんで、劇団WAHAHA本舗内のWAHAHA商店に所属しています。
2000年に改名して今の「ウクレレえいじ」という芸名になりました。
現在はウクレレ演奏はもちろん、モノマネ(「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」の第13回チャンピオンだったりします)、漫談などで活躍しています。
その中で本業はウクレレ演奏と漫談です。
中でもウクレレ演奏では、CD「ウクレレ番外地」を発売したり、DVDでは「笑ってマスター!ウクレレえいじのもっと楽しいウクレレ」という教材を販売したりしています。
また、本場ハワイでウクレレライブをしたり、ウクレレのコンピレーションアルバムにも多数出演しています。
もとがお笑い芸人さんということもあり、ウクレレとお笑いを融合した芸風には定評があり、みうらじゅんの世界でただ一人の「人間僕宝」に認定されたことからも人気がうかがえます。
ウクレレえいじさんが有名になったのは、奥さんの名前をタイトルにしたCDでメジャーデビューしてからでしょうか。
このメジャーデビューのきっかけになったのが「電波少年」の「ウクレレ夫婦旅」と「夫婦交換」だったので、そちらを見て注目した、という人もいるかと。
ウクレレえいじさんは、どちらかというとお笑い芸人として知られていますが、演奏しているウクレレは専門の職人さんに頼んでオーダーメードしてもらっているものなんです。
また、世界的に有名なジャズピアニストである山下洋輔の門下生であるところからも、ウクレレ奏者としても「本物」なんです。

 

 

お笑い芸人さんが余興にウクレレを演奏している、というレベルでなく、お笑いもウクレレも一流のレベルにあるからこそ、ウクレレえいじさんは人気があるのかもしれません。
今後、ウクレレ演奏、お笑いともに注目してみてはいかがでしょうか?