初心者のウクレレ購入法

ウクレレえいじ

 

 

ウクレレを弾いてみたかったら、ウクレレを購入するか借りるかしないといけません。
ちょっとさわてみる、っていうならレンタルでもOKですがもし本当にウクレレを習うなら、自分のウクレレを購入する必要があるでしょう。
ウクレレ初心者がウクレレを購入する時のコツとか、まとめてみました。

 

 

ウクレレ初心者であまりウクレレに詳しくない人がウクレレを購入するなら、できれば、ウクレレに詳しい、ウクレレを本格的に演奏したことがある人に聞いてみるのがいいのではないでしょうか。
身近にウクレレを取り扱っている楽器店があるなら、行ってみてもいいでしょう。
でも、実際に購入する前に、経験者の意見を聞いてみたらいいです。
また、ウクレレを購入するなら、実際にウクレレを手にとって、もしお店の人のOKがでたら実際に弾いてみて、弾いた雰囲気や音など、気に入ったものかどうかをチェックしてください。
試奏させてもらう場合はウクレレを大切にあつかってください。キズの原因になりそうな大きな指輪などははずしていってください。
ネックのそりやボディのゆがみ、ブリッジの浮きなど、いろいろ確認してみてください。
初心者向けのウクレレはだいたい2万円ぐらい。こだわりたいなら4万円クラスのものでもいいかもしれません。
また、もしチャンスがあれば、予算は2万円でも、少し上のクラスのウクレレも試奏させてもらってください。
基本的に1万円以下のウクレレは「おもちゃ」だと思ってください。この値段クラスにいい楽器はありません。
初心者のうちに音程が狂っていて良い音がでにくいウクレレを買ってしまうと、耳を鍛えることができません。
お店の人がどれほどすすめてきても、なんとなく相性が合わないな、と思ったら、「今回はご縁がなかった、ということで」と、ウクレレの購入をあきらめたほうがいいでしょう。
何よりも「自分と相性のあう」ウクレレを買うのが一番なんです。

 

 

楽器を買うのって、楽器を習い始める前の、一番うれしい瞬間かもしれません。
相性がぴったりのウクレレを見つけたとき、って本当にうれしいものです。
あせらないで、ある程度時間をかけて、お気に入りのウクレレを探すようにしてみてはいかがでしょうか?